読書の習慣

最近読んだ本。


e0012808_525439.jpg


『ジョニー君のレモネード屋台-13歳から学ぶビジネスの仕組み-』

ジェフ・M・ブラウン



キッズの絵本を借りに図書館へ行って、子供の本のコーナーで見つけた本。
ようするにベンチャービジネスを成功させるためにはどーしたらいいのか、子供にアレコレ考えさせよう、経営を体験させようみたいな本。

さすがアメリカ・・・。
中学生に職業体験をさせて

「ほら、働くのってこういうモンなんだよ!世の中にはいろんな仕事があるんだよ!お父さん、お母さんに感謝しなきゃね!」

とか言いそうな日本の教育とはワケが違う・・・。

いかにして成功するか、ビジネスを展開する上で必要なものは?

こんなことをアメリカの子は中学になるくらい、もしくはそれ以前から叩き込まれているのかと考えたら、日本の行く末に憂いを感じました。

本自体は私は今まで経営とか全く一度も勉強したことなんかなかったので、子供が読む本ではあるけれどもふ~ん、なるほどね~。と思いました。



最近読書を意識するようになりました。

前は全然本なんか読まなかったのに。

内定先の社長さんに触発され、本がすごい早く読めるようになるというフォトリーディングなるものを試してみました。


e0012808_5125615.jpg


『あなたもいままでの10倍速く本が読める』

ポール・R・シーリィ (著), 神田 昌典 (翻訳)



フォトリーディングの仕方を紹介してる本。
社長さんはこの講座を受講してから本をすごく速くよめるようになったらしい。

私がこの本を読んだだけでフォトリーディングが出来るようになったとはとても思えないけど、ただ速読だけではなくて、集中の仕方だったり、物事を能動的に捉えたり、時間を有効に活用したりが大切だということがわかり、多少は本を読むスピードが速くなった気がする。

なにより本を読むことに抵抗があったけど、それが全くなくなって読書の習慣が身についたのがよかったと思います。

そう、最近本読みたくてしょうがないんだよねー。

府中の中央図書館、かなりスキな場所。
[PR]
by winter-horse | 2008-07-17 05:35 | 読書