<   2006年 02月 ( 10 )   > この月の画像一覧


昨日妊婦検診に行ってまいりました。

毎度のように朝のクソ寒い中、予約札を取るためにチャリを15分以上かっとばし、ブルブル震えて行列の中待ち、予約GET。
でもこれも今回でおさらば。
来週からは10ヶ月になるので、検診時に次の予約が取れるようになるんだ~。
毎回よくがんばったものだ、うんうん、よかった。


さて、赤ちゃんのほうは元気に成長しておりました。
げんざい2121gくらい。
ふ~ん、予定日まであと約一ヶ月なので、まあそこそこの平均的な体重で生まれてくることでしょう。


ていうかさー、現在腹囲90cmだって。
あと10cmで1mじゃん!スゲェね。
そして体重58kg、重いよ~、ワタシの足のウラがかわいそう。
おなかパンパンなると、おへそ無くなるのよ。
おへそのクレーター部分がまったいらになるのよ。
それはそれは、不思議な光景よ。


おなかますます大きくなってきてね、生活に支障が出始めています。

靴下はけない・・・。

下に落ちてる物が拾えない・・・。

しっこ、異様に近い。

足のつめ切れない・・・。

アソコ見えない・・・。

まあ、こんなカンジです。
でもあと一ヶ月のガマンです。
そろそろ本格的に赤ちゃん生まれてくる準備しなきゃと思う今日この頃。
[PR]

あったかい場所は知ってる
e0012808_15465825.jpg




洗濯機の脱水時のブルブルがたまらない
e0012808_15474943.jpg




電話はリラックスして
e0012808_15503036.jpg





高いところがスキ
e0012808_15532032.jpg





なぜか布団の間に入りたがる
e0012808_1557683.jpg

[PR]
昨日、おとといと、4年生・修士2年生の論文発表会でした。
恥ずかしながら、初めて論文の発表を聞きました。

発表者はみんなフォーマルな服を着て、ビシっと決まってました。
プレゼンのウマい人、わかりやすい説明をする人、パワポがスゲェ人、スーツが明らかにういているひと・・・・いろんな人の研究発表を聞けて、大変勉強になりました&自分の学問に対するモチベーションがかなり上がった気がします。

ワタシってつくづく影響を受けやすいわ~。

美容院行った後とかも、「これからは毎日ちゃんと髪のお手入れしなきゃ」とか、たっかい化粧品買った後も「もっと努力しなければ・・・」と、新たな誓い?を立てるモンです。


ワタシの卒論のテーマも無事に決まりました。
先輩達の論文を読んだり、発表を聞いたりしていると「こんなこと、来年には自分がちゃんとできているのだろうか・・・」と不安になったりもしますが、今はなんだか楽しみのほうが強く、自分的には大変いいカンジであります。
大変さとかまだわからないからなんだろうけどさ・・・、第二子もまだ生まれてないしね。
でも前向きってことはいいことよ。


昨日は論文発表会の後、打ち上げの飲み会がありました。
発表者の人たちは、なんかやり遂げた感があふれていてステキでした。
そりゃ、そうだよね、いままでこの発表のために日々がんばってやってきたんだもんね。


そんなこんなで、とりあえず来年着るスーツの心配ばかりしている今日この頃。
[PR]

ついにできたよ、パジャマ袋。
e0012808_22474.jpg


ウラには名前も入れたよ。
e0012808_2255197.jpg


持ち手とヒモっこをつけたよ。
ギュッとしぼるとこんなカンジ。
e0012808_225132.jpg


なにも見ずに作ったわりには、よくできたのではないか。



次はお絵書きなんかの時に服が汚れないように着るスモックを用意しなければならないらしい。
図書館で子供服の製作本を借りてきてみたけど、たかがスモックされどスモック、意外と生地がいるものなのね・・・、余り布ではできないわ、・・・・といって生地を買うお金もないしどうしましょう、と悩み中。
買ったほうが早いし安くつきそう。
でもできたらオリジナルを持たせたいなというのが母心。


近頃、とうますとの時間を大切にしています。
思えば、生まれてから随分ほったらかし?にしてきたもんです。
時間をかけてあげられるときは、できるだけかけてあげたいです。

研究室も決まった今日この頃、これからきっと忙しくなることでしょう。(ワタシ以外の同級生の研究室仲間はすでに忙しく足しげく研究室に通ってるらしいし・・・)
だから今はなるべく一緒にいたいんだ~。
週末はとうますと二人で、お散歩行ったり買い物行ったりおうちでチュッチュッして過ごしたりと、かなりラブリィなのでした。

そんなの今だけだ~。

そのうち、金属バットで殴りかかられる気がする。
[PR]
2月3日の節分以来、とうますは急にいい子になった。
その理由は、節分の日に、保育園にオニが出たから。


楽しく豆まきしていたお部屋に突然オニ乱入。
子供はみんなパニック&おお泣き。

だったらしい。


先生から保育園での「節分の会」の写真を見せてもらって話も聞いたけど、ダメだな~、とうますよ。
先生にしがみついて泣いているではないか。
女の子を守って、オニに豆を投げつけてやるのが母の中での100点ですよ。
そんなんじゃモテませんよ、まったく。


よっぽどオニがコワかったのかしらね、現在でもママとの約束を守らなかったり悪いことしたりすると・・・


母「あ~、悪い子だね~。悪い子にしてるとどうなるの?」
 
冬「・・・・・オニ・・・(が来る)。」 


そしてちゃんと約束を守ったり、素直に「ごめんね」を言うのであります。
オニがくるぞ~!と脅かすのは良くないと思うけど、悪いコトしたときは自らオニのことを思い出すらしく「はっ・・・、ヤバイ・・・」みたいなカンジで反省するようになったのはいいことだ~、うんうん。
ちゃんと「いい子にしてたらオニは来ないよ~。オニにはいい子は見えないんだよ~。」とフォローも入れてますよ、じゃないと夜中思い出して泣かれてもこっちが困るもの。


そして生まれて初めて太巻きをつくってみた。
本もなにも見ないで自分で勝手に作ってみた。
一応、スーパーで中にナニが入っているのか、どれくらいの太さなのか、売ってる太巻きを次々手に取りじろじろ見て予習した。
その姿はきっとあやしい、あやしすぎる妊婦であった。
100均で買った巻きすでキュウリやシーチキンをマヨネーズであえたやつとか、卵焼きとかカニカマやら、すし飯に乗っけて巻いてみた。

ギュッギュッ!!!

・・・・。

端からごはんと具が「うにゅにゅにゅ~~~!」って流出!!!キモい~~~!!!

そして具は端っこに寄った。

いや~、意外と難しいものですね。
適当やってもウマくいくもんだと思っていたけど、そうでもないのね、きっとコツがあるのね。

でも納豆巻きとかも含めて3本ほど作ったら、3本目はまあまあウマくいったよ。
e0012808_952266.jpg



本来、節分に食べる恵方巻きは太巻きのまんま、輪切りにしないで縁起のいい方角に向かって無言で食すそうですが、ウチではフツウに切って母子向かい合っていろいろお話したがら食べたよ。
とうますは良く食べてくれて作ったかいがありました。
そういえばウチの母もおひな様など様々な行事でいろいろ人並みにやってくれたものです。
こういう季節感は大切にしたいし、とうますにも徐々に教えてあげたいもんです。


その後、豆まきもしたよ。
↓必死に豆を拾うとうます。
e0012808_101061.jpg

あの節分に撒くカタ~い豆を、歳の数以上に食いまくっていたとうます。
多分、ハタチ分くらいは食べた。
[PR]
保育園からのお達しで、パジャマを入れる袋を作れということなので、妊婦ですが夜更かししてパジャマ袋を製作中です。
自分で用意したり、しまったりできるように練習するらしい。
ふ~~~ん。

いろいろ考えたんだけど、洋裁屋さんで生地とかも見たけど、とうますが喜ぶように大スキなアンパンマンの袋がいいな~と思ったけど、売ってる生地って手作りしても結局ほかの子とおんなじようになっちゃう気がして、なんかイヤ。
しかもアンパンマンの生地高いよ~。
府中にあんまり生地売ってるところないからかな~、1mで1500円ってなんだよオイ!って一人でお店の中でブツブツ文句言っちゃうあぶない妊婦だよ、ほんと。

しかも今あんまりお金ないし~ってことで、妊婦は考えた。

「そうだ、刺繍しよう!」


余りもののハギレが安く売っていたので、それにアンパンマンを刺繍したらいいじゃん!
お安くできるし、オリジナルだし~。

思い立ったらスグ行動。
ってことで、刺繍しました。

刺繍ってあんまりしたことないし、得意なほうではないけど、でも編み物とおんなじ、やり始めると集中しちゃう。
なんだか微妙なアンパンマンが縫えました・・・。
e0012808_1335460.jpg


             拡大!
e0012808_1343954.jpg


いいのかな・・・こんなんで。

自分で持ったりしまったりできるように、持ち手とヒモをつけなければ。
刺繍のウラっ側は結構見苦しいので、うらに二重に布貼り付けよ~。
なんて計画してたら、今日やっただけで終わるわけなく、ま、のんびりやろ~ってことにしました。
いつ完成することやら。

一生懸命チクチクしてたら、思いっきり酔った。
なんか最近またつわりっぽくなってしまうの。
ごはん食べなくてもキモチ悪いし、食べたら胃がもたれるし圧迫されてまたキモチ悪ぃの。
赤ちゃん大きくなってきたので、胃のすぐ下まできてるから、どうしても押されてうげ~ってなっちまうよ。
でもあと一ヶ月の辛抱さ。
なにげに、とうますが生まれてくるとき以上になんだか楽しみなんだ♪
でもマン斬りはコワいよ~~~(泣)。
[PR]
本日の午前中に無理やり残っていたレポートを無事終わらせることができました。
史上最低なレポの完成~、イェ~イ☆
勝手に春休みに突入。
でも、研究室にはちょこちょこ行って、お勉強せねばとは思うのですが。


さ~て「胸キュンバトン」なるものがまわってきたので、いっちょやってみましょー。



Q1.胸キュンするポイントは?

優しさ。男はこれにかぎる。
道歩いてて車が来たら、別に何も言うこともなくすぅ~っと車と反対側に手を引いてくれたりさ~、買い物してワタシがカゴを片付けてる間に重たい荷物を持ってスタスタ行っちゃったりさ~、満員電車でワタシが他の人にムギューってされないように守ってくれたりさー、あとさ~、それからさ~、・・・(妄想中)。


Q2.憧れの、胸キュンシチュエーションは?

Q1を参照。
普段無口なのに、たまにドキっとするようなことを言われるのとかも胸キュン!


Q3.胸キュンしちゃう言葉は?

コレ!といった決まり文句ではない気がする。
最近一番の胸キュンの言葉はとうますに「さっちゃん。」と言われたこと。
胸バキューーーーン!!!


Q4.聞くと胸キュンしちゃう曲は?

夏の日の1993 by Class
バンザイ by ウルフルズ
炎の宝物(←ルパン:カリオストロの城のテーマ曲)

全部、思い出の曲です。
ふっる~いのもありますが・・・みんな知らないかもね・・・。
全部遠い目になってしまうムフフな思い出がいっぱいです。


Q6.胸キュンする有名人

吉井一哉、浅野忠信
セクシーな二人に胸キュン☆


Q7.今まで生きてきて一番の胸キュンは?

赤ちゃんできちゃって、結婚しようかどうしようか迷っていたとき、彼(←ダンナ様)に相談しました。
ダンナ様もワタシもやりたいことがあるなか、ダンナ様は役者の夢を持っておりましたが、そのとき
「オレの新しい夢は、さっちゃんと生まれてくる赤ちゃんなんだ。」
と言ってくれたこと。
ダンナ様は忘れているかも。
ダンナ様からかけてもらった最初で最後の?うれしやさしいカンゲキの言葉に胸キュン☆


Q8.「胸キュン」に仮に呼び名をつけるとしたら?

なんだそれ・・・?難しいなぁ・・・。


Q9.胸キュンしたときに心でする音は?

バキューーーーーーン!!!


Q10.次に回す人

コレ見た人は、各自心の中で今までの胸キュンな出来事を思い出して、どうぞ遠い目になってください。




今日から週末とうますを連れて実家に帰ります~。
先月のお誕生日のとき、実家に帰る約束してたんだけど、とうますがカゼひいちゃったのでダメになったから、ワタシの実母がとうますに会いたがっているのだよ。
行きは電車、帰りはダンナ様が迎えに来てくれるかな?
とうますは電車で他人からインフルエンザをもらいそうな気がするよ。
それではしばらくごきげんよ~。
[PR]
by winter-horse | 2006-02-10 12:34 | ひとりごと
なんだかんだで、妊娠33週目、9ヶ月でございます。
早いものですね~。
34週で呼吸機能が完成して、赤ちゃんの体は外に適応できるようになるらしい。

この前病院行ったら、先週の金曜日の時点で1830gちょっとで、いたってフツーにすくすく育っているらしいです。
その前病院にいったときは、「ちょっと小さめ赤ちゃんですね」みたいなことを先生から言われてあわてて栄養のあるものをとりまくった結果、母子ともに順調に肥えました。

そういえば、紀子さまもおめでた。
紀子さまの子供が女子だったら、ウチの子のおヨメさんになる可能性もあるな、ムフフ・・・
とか、いらぬ妄想を繰り広げてしまいます。

毎日元気に母のおなかを蹴とばしております。
第二子、coming soon!
[PR]


園児の頃、家族で海に行った。

まだ泳げなかったワタシを、父は無理やり浮き輪から抱き上げ、そのまま海へ放り投げた。



ザバーーーン



上向きに沈んで行くワタシ。

目の前に見えたのは、ユラユラ光る水面と、その先のぼんやり揺れる太陽。




「あ、ワタシ死ぬんだ。」



そう思った瞬間、血相を変えた母の顔が。




その後は良く覚えていないが、父は母にかなり怒られていた。

そりゃ、そうだ。
[PR]
by winter-horse | 2006-02-03 14:22 | ひとりごと
前、なにかのテレビで主婦業も立派な労働で、自給に換算すると600~700円の自給になるらしい。
とある裁判で、お金を全く渡してくれない夫に対して妻が主婦業の労働分のお金を請求して、それが認められたらしい。

そんなことを思い出したからではないのですが・・・

1月の初め、新年を迎えるにつけ、今年の目標と今月の目標を考えたとき、赤ちゃんも生まれることだし、ダンナ様の営業成績も最近思わしくないので、よし、節約しよう!と思ったわけ。

同時に、妻として母としてもがんばらねば~と思い、家事も一生懸命やろうと決意したわけ。

一生懸命工夫してご飯作ったり、おうちをキレイにすれば、ダンナ様もとうますも喜ぶし、よし、じゃあオレもがんばろってなるだろうし、がんばったらお給料たくさん入るかもしれないし、いいことづくめじゃ~ん!と思ってさっそく1月の初めあたりから実践しはじめたわけ。

でもさ~、節約って自分だけがんばっても意味ないじゃん。
しかも自分はこんなにがんばっているのに、なんでダンナ様はやってくれないの?プンプン!とかなりがちじゃん。

そこでワタシは考えた。


「お給料制にしよう!」


つまり、家事や節約をがんばったら、がんばった分だけお駄賃が貰えるという制度。
価格は自分で勝手に設定。

例えば、アイロンはシャツ1枚50円、洗濯は洗う・干す・たたむまでで100円、値物は量によって大盛り80円・中盛り50円・小盛り30円、お弁当200円、トイレ掃除100円ってな具合に。

その他に、ダンナ様がワタシとの約束を破るごとにペナルティーが発生していきます。
缶ビール出しっぱなし30円、服脱ぎっぱなし30円、トイペ交換してない30円、お風呂の蛇口ちゃんと閉めてない30円みたいな~。

お金を取るのは基本的にダンナ様に関することだけで、とうますの世話やごはんといったことには値段を設定しないことにしました(いまのところ・・・)。

それまでは、トイレ入って、さ~拭こうと思ったときにトイペ交換してなかったときとか「コンニャローーー!!!」とか思ったり、ま~た何でもかんでもだしっぱなしにして~(ワタシもだけど・・・)とかブツブツいいながらしぶしぶ片付けていたけれど、今では「むふふ・・・、おこづかいアップだわ♪」とニヤニヤしながら楽しんでお片付けできるようになりました。

家事に対するモチベーションも上がったし、なんでいいこと思いついたんでしょ~。

でもこの提案をダンナ様に初めてしたとき
幸「あのね、あのね、いいこと思いついたの。かくかく、しかじか・・・・。」
とるんるんで話す私に対して
ダ「外でがんばって働いてるオレから金とる気なの・・・?」
とかなり夫婦二人の温度差がありました・・。

が、いまでは何も言わなくなった~。

1月5日から初めて昨日の2月1日までを集計してみると28日間で16650円!
明日はお給料日なので一応今日が締め日です。
一日平均にすると594円!
う~ん、日々コツコツとがんばった。


そして明日はダンナ様からお給料もらっちゃうもんね~、やった~☆
おこづかいにするんだ~。


今まで、別にお金もらってなかったワケじゃないよ。
むしろ勝手にじゃんじゃん使っちゃってた。
それを自分なりにいましめようとしたわけです、ハイ。
もうしばらくこの制度を続けていきたいと思います。


ダンナ様から家事代を取るなんて、鬼嫁かしら・・・。
ま、いいじゃん、それでがんばれるんだしさ♪
[PR]