築地の聖路加病院

死にかけた父がなんと明日21日に退院できることになりました。
ヨカッタ。

でもまだ入院病棟2,3周で「もうダメ」ってなっちゃうくらいで、ゴハンもあまり食べれてないみたいなので、こんなんで退院して本当に大丈夫なんだろうかと思うけど。


本人が早く退院したいと言い張っている大きな原因のひとつが聖路加病院の料金の高さ。

聖路加病院は地下鉄サリン事件で多くの人が緊急に担ぎこまれたことで有名ですが、そのグレードの高さでも有名らしく、病室は全て個室で、一番安いお部屋で1日3万1500円でもちろん保険外で、ウチみたいな貧乏人にどうしろと・・・。
10万を越す特別室もあり、きっと汚職とかおこした政治化とか、不祥事起こした社長とかがワケもなく入院したりするんだろうな~と思いつつ。


父入院当初は父の具合もさることながら、母と二人でお金どーしようどーしようで、学校の授業中もお金のことで頭がいっぱいでぼんやりしまくってました。

差額ベッド代がかからない(3万もとられない)フツーの部屋もあることはあるらしいけど、いつも満床らしい。
あたりまえだよね・・・。

結局1週間3万の部屋で、その後運良く差額ベッド代が取られない部屋に移ることが出来たのでまぁよかったです。

さすが政財界の人々や芸能人ご用達のセレブ病院だ・・・。

庶民にはキビシイです。



ちなみにココでの出産はすんげぇ高いらしい。
赤坂の山王病院、広尾の愛育病院と並び、都内御三家と呼ばれているらしい。
芸能人とかばっかりらしいよ。
そういや雅子さまも愛子さまを愛育病院で産んでたっけか・・・、税金使って。

ちなみにお値段は100萬円から。
「から」って・・・。

とうまを都立府中病院で産んだ時は20万ちょっとで、出産一時金(出産時にもらえるお金)30万から差し引いてお釣りがきちゃう感じだったのに。
[PR]
by winter-horse | 2008-07-20 16:43 | ひとりごと